読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あうろーブログ

アウトローにもなれない41歳の男が今日生きるために書きます。思ったこと、たまに妄想しちゃったこと、読んでよかった本、洋楽まとめなど書いてます。アマチュアドラマー

泣けるメンタルクリニックの帰り道

メンタルヘルス

メンタルクリニックに行った。

 

待合室で見た目ヤンキーなカップルがいた。

 

カップルの女性は、発言の最後にほぼ必ず「てめーぶっころすぞ」とつけていた。

 

その女性は、携帯電話にかかってきた営業電話をとり、「明日はいるかわかりません。自殺願望あるんで。いま心療内科に来てるんで。」とオペレーターにわざわざ言っていた。

 

昔だったら「あの人ヤバイ」と思うだけだったけど、今は「彼女も生きるのに必死なんだろうな。」と思う。

 

「でめーぶっころすぞ」が「まったくもう」ぐらいになる日が彼女に訪れることを願う。

 

☆ ☆ ☆

 

ぼく自身の診断結果は、自分が想像していたよりも悪かった。

 

発言に矛盾がないので今のところ統合失調症とかうつ病とかではないと思うけど、アルバイトは即休むべきと言われた。

 

"即休むべき"と言われるとは思ってなかった…

 

「"適応障害で2ヶ月休養すべき"って診断書書くから休みな」と言われた。

 

1日経った今思うと"仕事休ませるために適応障害ってことにした"みたいで、いいのかな?と思わないでもないけど…

 

今回の先生は少し先の未来について具体的な指針を話してくれた。

 

「1,2ヶ月後にもう少し元気になったら、心理テストを受けてみるといい。今の苦しみとか症状とかは表面の部分で、その下にあるものを探ることをしないと、本当の意味でよくなっていかない気がする。」

 

これは今のぼくにとってはかなり救いの言葉になった。

 

ちっぽけでも先に明かりがあれば生きていけるから。

 

まるで子供のような素直さで「心理テスト受けてみよう!」と思えた。

 

☆ ☆ ☆

 

病院を出て5分くらいうじうじして、アルバイト先に診断結果と休むことを伝えた。

 

そして薬局に処方された薬をもらいにいった。

 

薬は軽めの安定剤と睡眠導入剤だ。

 

薬局のおばちゃんは、手が小刻みに震えていて、しゃべりも少し震えていて、何度も同じことを言う人だった。

 

昔だったら「あの人ヤバイ」と思うだけだったけど、今は「病気なんだろうな。大変だろうな。」と思う。

 

☆ ☆ ☆

 

すぐに家に帰りたくなかったので、寄り道してサイゼリアでワイン250mlとおつまみ2品を食べた。

 

お会計は700円。貧乏人にとって神様みたいなサイゼリアさんです(笑)

 

☆ ☆ ☆

 

家まで電車で1駅なんだけど、電車は危険なので歩いて帰った。

 

途中、泣いてしまい涙が止まらなかった。

 

収まったと思ってもすぐに顔がクシャ〜ってなる。

 

このクシャ〜って嫌い(苦笑)

 

全然自分の言うこときかない感じが嫌い…

 

途中ベンチでブログを書いた。自分を落ち着かせるためだけに。

 

心ある方々から温かいコメントをいただいた。本当にありがたい。

 

その記事を消して、翌日にこの記事を書いた。

 

☆ ☆ ☆

 

昨日は、薬のおかげなのか疲れきったせいなのか、お酒弱いくせにワイン250mlも飲んだせいなのかわからないけど、早い時間に眠りについて、途中1度も起きることなく、朝自然に目が覚めた。

 

昨日はウソだったんじゃないかってくらい元気だ。

 

なんか恥ずかしい感じ。

 

でもぼくはこの経験が2回目なので知っている。

 

そんな簡単に元気にはならないことを…

 

でも自分が元気と感じることはいいことで大事なことだと思う。

 

先生にはなるべく朝8時までに起きる生活をするようアドバイスをもらった。

 

1日目から実践できたので幸先はいい。

 

 

この記事が、メンタルクリニックに行こうかどうか迷っている人に、なんらかの参考になればと思う。

 

 

とりあえず…

 

今日は生きるつもり。