読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あうろーブログ

アウトローにもなれない41歳の男が今日生きるために書きます。思ったこと、たまに妄想しちゃったこと、読んでよかった本、洋楽まとめなど書いてます。アマチュアドラマー

ラポールと治癒同盟さえあれば風俗にもパチンコにも行ける

メンタルヘルス

昨日1日で風俗店とパチンコ店に行ってしまい、新たな自分に生まれ変わるべく2回シャンプーした"あうろー"と申します。こんにちは。

 

↓昨日の様子

病院と美術館にうってつけの日のはずが…ダメ男の王道パターンへ - 離婚したい男

 

 

昨日はメンタルクリニックへ2回目の通院。

 

先生は、"ラポール"もしくは"治癒同盟"を形成してくれた模様。

 

ぼくの心には先生に対して"権威"を感じ、"好意"をいただいているみたい。

 

その場では気づかないけど、振り返ると心地よい"やられた感"がする。

 

 

☆ ☆ ☆

 

 

2回目の診療でも30分以上時間をとってくれた。

 

前回はぼくの話を聞くことが中心だったけど、今回は先生がよくしゃべった。

 

こんなことを…

 

「この先の仕事のことは考えなくていいけど、自分を見つめることはやらないと」

 

「離婚の問題もマイナスとは考えず、いい機会と考えればいいのでは」

 

「これまでの人生で学び損ねた何かを学ぶいい機会なのでは」

 

「マクロではポジティブ、ミクロではネガティブに考えればいいと思う」

 

 

素直に聞けた。

 

普段こんな説教じみたことを言われたら拒否反応を示しそうなんだけど、拒否反応はまったく顔を出さなかった。

 

1日経っても顔を出すことはない。

 

 

昨日でだいぶ元気になれた気がする。

 

元気になったから風俗店に行けたし、パチンコ店にも行けた(笑)

 

本当に元気がないときは、何もしたくなくて何もできない。

 

サラリーマン時代に、惰性で風俗行ったりパチンコ店に行ったりしてたけど、惰性と言えども行くのにパワーはいるもんね。

 

ただ行けた場所が2つとも風営法適用下のお店というのがイマイチ納得できないんだけど…(苦笑)

 

 

☆ ☆ ☆

 

 

"何を言ったかじゃなくて誰が言ったか"

 

とはよく言ったもんですね。

 

ホント"やられた感"がある。

 

悪い気はしないけどね…

 

 

 

とりあえず…

 

今日は生きるつもり。

 

メンタルクリニックの選び方 あえて予約制じゃないほうがいい - 離婚したい男