読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あうろーブログ

アウトローにもなれない41歳の男が今日生きるために書きます。思ったこと、たまに妄想しちゃったこと、読んでよかった本、洋楽まとめなど書いてます。アマチュアドラマー

【to不定詞の形容詞的用法〜のための】シンディー・ローパー「A Night to Remember」

洋楽のサビで英語の勉強

洋楽のサビがもし気に入ったら丸ごと覚えよう!

という、おそろしく効率の悪い英語の勉強です。

英語の勉強がはかどらない全ての方に捧げます。

(書いている人はしがない元塾講師、選曲は完全なる個人的嗜好です。)

 

☆ ☆ ☆

 

シンディー・ローパー「A Night To Remember」

 

まずサビまで聴いてみよう!

 

www.youtube.com

 

 

 

「悪くないな」と思ったら先も読もう!

 

 

■お勉強

 

to不定詞の形容詞的用法:動詞の前にtoをつけて「〜するための」という意味にする技。toのあとにくる動詞は必ず原形にすること。to不定詞は全部で3つあり、他に「名詞的用法〜すること」と「副詞的用法〜するために」がある。

 

 

It was a night to remember.

 

このサビの先頭文に対して直訳をすると…

 

「それは覚えるための夜だった」

 

 

 

■サビの歌詞全文と直訳と(意訳)

 

It was a night to remember

それは覚えるための夜だった(あなたを覚えておくために夜を重ねたわ)

All your kisses I still taste

私はあなたの全てのキスをまだ味わう(わたしはまだあなたがしてくれたキスを全て覚えてるの)

It was a night to remember

それは覚えるための夜だった(あなたを忘れないために必要だった夜…)

Can't forget the look on your face, oh no

 あなたの表情が忘れらない(あなたが私にだけ見せてくれたいろんな表情…それが忘れられないの)

 

 

日本語と比べて英語は少ない単語で表現できますね〜

なんとか意味を伝えたくて、ちょっとコテコテな意訳にしちゃいました。直訳のほうがまだセンスいいですよね(苦笑)

the night=その夜 じゃなくて、a night=特定されないある1つの夜 なので、"あなたと過ごしたたくさんの夜" とか "あなたと過ごした全ての夜" みたいな意味になるはずです。

曲と詞がピッタリなので、英語のまま味わいましょう♪

 

 

この曲がとても気に入って、歌詞の意味全部知りたい!と思ったら、ネットで検索しよう。心ある方々が全文和訳をしてくれているかも。

 

楽しくなっちゃったら自分なりの意訳をしちゃおう。イケてると思ったらブログをはじめて公開しちゃおう。そこまではまだ…と思ったらこのブログのコメント欄に投稿しちゃおう。

 

ついでに発音もマネしてみよう!

 

 

See you soon.(あとでagainに書き直すかも)