読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あうろーブログ

アウトローにもなれない41歳の男が今日生きるために書きます。思ったこと、たまに妄想しちゃったこと、読んでよかった本、洋楽まとめなど書いてます。アマチュアドラマー

ウォシュレット無しの時代はまだ終らない

それ以外全部

とある本がたくさん読める公共施設にて。

 

建物は比較的新しく、壁や床もきれい。

 

トイレももちろんきれい。

アイアイ傘とかS◯Xとかオ◯◯◯とかいう落書きは一つもない。

 

大きめの用を足すため、洋式便器を選んで入室。

 

(和式便器っていっつも人気なくて空いてるんだから、もうなくしてほしい)

 

 

用が足りたので、ウォシュレットのシャワーを出そうと右後ろを見る。

 

あれ? ない…

 

かなり後ろのほうにあるのかなと思い、もうひと踏ん張り体をひねって右かなり後ろを見る。

 

ない…

 

そのまま視線を上げて右壁面を見る。

 

ない…

 

一旦元の姿勢に戻し考える。

 

まだ見てない左壁面になかったらアウトか?

 

ちょっとだけ勇気を出して一気に首をひねって左壁面を見る。

 

ない!

 

マジかよ…

 

 

元の姿勢に戻る。

 

考える。

 

いや、このキレイさでないってことはないだろう。

 

もう一回全ての箇所をチェックしよう。

 

いや、がっかり感が増すだけだからもうやめよう。

 

おとなしくトイレットペーパーにいこう。

 

こんなときに限ってキレが…

 

☆ ☆ ☆

 

キレイなトイレでウォシュレット無しは反則だと思う。

「ウォシュレット無し」って書いといてほしい。

 

トイレの前にウォシュレット設置募金があったらぼくは絶対お金入れる。

すぐ集まるでしょ。

 

 

ここのトイレで多くの人々がぼくと同じことを思ってるはず。

 

確信ある。

 

みんなウォシュレットほしいよね?

 

 

 

とりあえず…

 

今日は生きるつもり。