読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あうろーブログ

アウトローにもなれない41歳の男が今日生きるために書きます。思ったこと、たまに妄想しちゃったこと、読んでよかった本、洋楽まとめなど書いてます。アマチュアドラマー

同窓会で昔つきあってた彼女に会って仲良くなったお話

それ以外全部

同窓会に行きました。

昔つきあってた女性と会いました。

軽くあいさつしました。

 

その女性も含めて大人数で2次会に行きました。

その女性とは席が離れていて一言も話しませんでした。

 

その女性も含めて少人数で3次会に行きました。

その女性は、背が低くてかわいらしいというタイプの女性です。

会話の中で時折自分のことを「おれ」と言ってました。

その女性は幼少期に自分のことを「おれ」と言ってたのでたまにそれが出てしまうということを思い出しました。

その女性はとてもお酒が強いのですが、それなりに酔っ払ってることがわかりました。

 

3次会が終わったときに、彼女が近くに来ました。

おもむろにぼくの肩掛けカバンのファスナーを「ちゃんと閉めないと」と言いながら閉めました。

そして「変わらないね。もっと自分から話しかけないと。待ってるだけじゃダメだぞ。」と言われました。

 

それからその女性と連絡をとるようになり、先日会いました。

バーのカウンターに並んで座りました。

ぼくは別居している現状を正直に話しました。

その女性はぼくの手を握ってくれました。

ぼくは泣きそうになりました。

 

別れ際にぼくはその女性に聞きました。

「なんでぼくにかまうの?」

その女性は言いました。

「他の男性は別れたら何とも思わないんだけど、あなただけは別れたあともよく思えちゃうの」

ぼくは言いました。

「自分から振ったくせに」

その女性は何も言いませんでした。

 

 

という妄想の、今後の展開が思いつかなくて困ってます。。

 

 

 

とりあえず…

今日は生きるつもり。