読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あうろーブログ

アウトローにもなれない41歳の男が今日生きるために書きます。思ったこと、たまに妄想しちゃったこと、読んでよかった本、洋楽まとめなど書いてます。アマチュアドラマー

女性の胸を重要視する男性、一見多いけど実はそこまで重要だと思ってない人が大半じゃないかな?

それ以外全部

ぼくはお酒にとても弱い。けど2日連続で昼間っからお酒を飲んだ。なぜなら飲みたかったから。100円でグラスワイン飲ませてくれる大衆イタリアンレストランで。

 
なぜ飲みたかったか?
気を紛らわしたかったから。
 
何から気を紛らわしたかったのか? 
今の全てから。
 
ホントに全て?
違うな。紛らわす必要のない楽しいこともいくつかある。
 
紛らわしたいことのほうが多くを占めてるってこと。実際お酒を飲んだところで紛らわすことができてるかといったら…微妙
 
それにしても真っ昼間っからグラスワイン1杯でポッとしてるのはちと恥ずかしい。
 
恥ずかしいついでにウェイトレスさんに声をかけてみようと思いつくも、そんなときに限って声をかけたい人は見あたらない。
 
どんな人がいいのかって?
 
かわいい人。そこまで太ってない人。そこまでガリガリじゃない人。そこまで足首が太くない人。そこまで肌が汚くない人。そこまで仏頂面してない人。お胸はあったらあったでうれしいけど最重要ポイントではない。
 
☆  ☆  ☆
 
先日同年代(35~45歳)の男たちで飲んだとき、「女は胸じゃない」という話で盛り上がった。盛り上がったというより、満場一致だった。でも「ないよりあったほうがいい」「あったらあったでうれしい」というのも満場一致だった。
 
じゃあ何がポイントかというと…
 
うなじ、さこつ、にのうでのうちがわ、ふくらはぎ、あしくび…
 
ちとキモい(笑)
 
誰一人として内面の話には触れなかった。なんせ全員既婚者だから、下手すると楽しくない話になっちゃうもんね。
 
歳を重ねて他人と一緒に暮らしてると、「やさしい」とか「明るい」とか、そんな簡単な話じゃすまないことがわかってる。やさしい人はやさしくない人だし、明るい人は暗い人。やさしさも明るさもた~くさん種類がある。
 
ということで…
 
女は胸じゃない!
 
結局は"相性"。でしょ?
 
 
そんなことよりもうすぐクリスマス…くそ〜
 
 
関連記事
  

とりあえず…

今日は生きるつもり。

 

 

ツイッターやってます。ブログ更新通知出してます。