読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あうろーブログ

アウトローにもなれない41歳の男が今日生きるために書きます。思ったこと、たまに妄想しちゃったこと、読んでよかった本、洋楽まとめなど書いてます。アマチュアドラマー

金曜の夜都心に向かう電車で感じる疎外感…これが他者との比較で自分が勝手につくりだす無言の圧力なのか

それ以外全部

41歳です。

仲間の41歳2人と一緒に徹夜でバンドの練習です。

金曜日の深夜24時から練習開始です。

まだまだ元気です。

お金はないけど…

 

☆ ☆ ☆

 

金曜23時に都心に向かう電車に乗っていると、お酒を呑んで楽しくなっちゃった人たちが、入れ替わり立ち替わりぼくの近くにやってくる。

 

楽しそうだな…

 

男性が女性の腰に手を回したりしてる。

 

楽しそうだな…

 

その男性の足がぼくの足の先をちょっと踏んだりしてる。

 

楽しそうだな…

 

その男性のふくらはぎがぼくの足にベタッとくっついた。

 

どうせなら女性がいいんだけど…

 

☆ ☆ ☆

 

帰宅する多くの人々とすれ違いながら歩いて、都心なのに空いてる電車に乗って…

多くの人々と逆方向に動いていると、なんか疎外感を感じる。

他者との比較で自分が勝手につくりだしてるだけなんだけど…

 

夜勤中心で働いている人は、いつもこんな風に感じてるんだろうか?

それとも慣れて疎外感なんて感じなくなるんだろうか?

 

そんなことを考えつつ、空き空きの土曜日の始発電車で、かわいい女の子の斜め向かいの席を選んで座ったぼく。

 

もしかしたら何かが起こるかもしれないと思いつつ…

 

案の定、何も起こらなかったけど… 

 

 

 

とりあえず…

今日は生きるつもり。

 

 

ツイッターやってます。ブログ更新通知出してます。