読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あうろーブログ

アウトローにもなれない41歳の男が今日生きるために書きます。思ったこと、たまに妄想しちゃったこと、読んでよかった本、洋楽まとめなど書いてます。アマチュアドラマー

引越し先のアパートのお隣さんがかわいくてキレイな女性である可能性は高い

とある不動産屋さんにて

 

ぼくは賃貸物件を契約しようとしてるお客。

 

来店は2回目。担当してくれてる人は48歳のおじさん。

 

☆ ☆ ☆

 

内見を済ませてお店に戻ると、担当さんがぼくに声をかける。

 

「パソコン詳しいですか?」

 

「まあ普通だと思いますけど」

 

「このメッセージがいっつも出てるんですけど、なんとかなりませんか?」

 

見ると、"ハードディスクの容量がいっぱいです"のメッセージ。

 

データを削除するか他に移すかしないとそのうち動かなくなりますよと説明。

 

「わたし、しょうがなく自腹で外付けハードディスク買ってデータそこに入れたんですけど…」

 

経費で買ってもらえないのか…そこはちょっと同情

 

「ローカルディスクのデータをそこに移せば解決しますよ」

 

「いや、やってるんですけどね」

 

1回やったから解決するっちゅう話じゃない!

 

「もっとやらないとダメですよ」

 

「なんとかならないですかね?」

 

だからデータ移せばいいって言ってるじゃん!

 

「とにかくデータを移すか削除するしかないですよ(無理やり笑顔)」

 

パソコンのディスプレイをぼくの方に向けて

 

「どれ消せばいいですかね? どれか使ってないやつありますかね?」

 

知らんがな! !

 

結局、触るハメになる。。。

デスクトップにあるその担当さん専用フォルダが数十ギガ使ってるとわかったので、それを移すようにアドバイス。

 

☆ ☆ ☆

 

結局この不動産屋さんで契約。

 

特にパソコンのアドバイスをしたことによる利益は何一つない。

 

 

情けは人のためならず

 

 

引越し先のアパートのお隣さんがかわいくてキレイな女性である可能性は高いと思う。

 

 

 

 

とりあえず…

今日は生きるつもり。

 

 

ツイッターやってます。ブログ更新通知出してます。